有機米・特別栽培米など自慢のあきたこまちを産地直送!

安全・安心のオーガニック。カントリーのJAS有機米

安全・安心のオーガニック。JAS有機米

JASロゴマーク過去3年間以上農薬、化学肥料および化学土壌改良材を一切使用せず、有機肥料をふんだんに使って栽培したJAS認定有機米です。

近年、”有機“、”無農薬“といった農産物が注目されています。
しかし、その”有機”、”無農薬”に関しても厳しい基準があります。

有機JAS規格では、登録機関認証による認証を受けた事業者のみ有機JASマークを使用し、認証を受けた作物だけを「有機米」と表示することができます。

やわらか有機玄米

食べあきないおいしさ、やわらか有機玄米特に国内では弊社だけが販売している「やわらか有機玄米」は、お米の表面を傷つけ、吸水性を高め白米と一緒の炊飯が可能です。

  • 普通のお釜で白米同様、手軽にふっくら炊きあがり!
  • 美容と健康におすすめのビタミン類が豊富!
  • 便秘改善におすすめの食物繊維が精白米の約4.8倍!

有機米の除草

有機米の除草風景JAS有機米は除草剤を使用しないため雑草との戦いです。

多少、機械による除草は行いますが農家が田んぼに入り手取を行います。
太陽の光は稲作には欠かせないものです。しかし、炎天下で腰を曲げて泥まみれとなる草取りは重労働です。
ちなみに1枚の田んぼの除草回数は収穫するまで3~4回です。

雑草のパワーは物凄く、油断するとすぐに生えてきます。
一生懸命に除草しても年々、雑草は多くなります。
その為、作業時間は年を追うごとに増加します。

有機米の病気

JAS有機米は天候不順などにより病気が発生しても薬剤の使用はできません。

病気の発生を抑えるには、菌があっても感染しない丈夫で健康な稲に育てる必要があります。
その為には有機質の資材を圃場に散布し地力をつけることが抵抗力となります。

残念ながら病気に感染した時は減収を覚悟して見守るしかありません。

安全を追求することはリスクも大きくなるのです。

JAS有機米を作る理由

トレーサビリティを確実に行うことは農家の負担になりますが、安全なお米を供給したいという強い意志で栽培しております。

一度、栽培をやめると重労働のため再会する農家はごく僅かです。

栽培に取り組んでいる農家はお客様が食卓で喜んで食べている情景をイメージして栽培しております。

このページの先頭に戻る